NESTA-PFTとはどんな資格?取得方法や難易度をどこよりもわかりやすく解説!

資格取得
  • NESTA-PFTはどうやって取得するのがおすすめ?
  • NESTA-PFTは独学でも取得できる?
  • NESTA-PFTの資格を取得することで得られるものはなに?

こんにちは。
プロスポーツ選手を引退後、リクルートで働いている”こたつ”@kotatsu_recruit)と申します。

パーソナルトレーナーとして資格取得を考えた際、国際的に認知度の高いNESTA-PFTの取得を検討されている方も多いと思います。

というのも、スポーツ選手のセカンドキャリアやデュアルキャリアを支援する際、体を動かす仕事がしたいとパーソナルトレーナーを目指す方を何人か見てきました。

そこでこの記事では、トレーナーとしての知識やスキルをもっと身に着けてNESTA-PFTの資格を取得したい!という方にむけて資格の取得方法や難易度をどこよりもわかりやすく解説していきます。

この記事を読んでわかることは以下になります。

  • NESTA-PFTとはどんな資格なのか
  • 自分に合ったNESTA-PFTの取得方法
  • NESTA-PFTの難易度や合格率

それでは、詳しく説明していきます。

ASPプロトレーナースクール

NESTA-PFTとはどんな資格?

NESTA-PFTとは、NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が認定する、PFT(パーソナルフィットネストレーナー)資格になります。

身体に関する専門的知識、運動機能向上や健康増進のための実践的技術、パーソナルトレーナーに必要なビジネススキルが身につく資格となっております。

NESTA-PFTの特徴は以下になります。

  1. 国際的に認知度の高い資格なので権威性が高くクライアントの信頼獲得につながる
  2. トレーナーとしてのスキルだけではなく、ビジネススキルも身につく
  3. 資格ホルダーの限定物販制度がある

どんな人が向いている?

NESTA-PFTを取得するのに向いている人は以下のような人になります。

  • パーソナルトレーナーになりたい人
  • トレーナーとしての知識やスキルをつけたい人
  • フィットネス業界で独立・開業を考えている人

どんなことができるようになる?

NESTA-PFTを取得したら、どんなことができるようになるのでしょうか?

実際にNESTA-PFTを取得した人の意見をまとめました。

今までは抽象的なアドバイスしかできなかったけど、自分の理解度が高いので具体的なアドバイスができるようになりました!

ビジネススキルや接客に必要な思考法も学べるので、実務で役に立ちました!

こたつ
こたつ

より専門的なスキルを身につけたい方におすすめの資格ですね!

NESTA-PFTの資格取得方法は?

受験に必要な要件や取得方法、試験の流れなどを解説していきます。

受験資格

受験資格は以下になります。

  1. NESTA JAPAN(あるいは医学映像教育センター)にてPFTテキストを購入済みであること
  2. CPR(心肺蘇生法)・ AED(自動体外式除細動器)の技能に関して定期的なトレーニングを積んでいる(資格認定を受けていることが望ましい)こと
  3. 日本国籍または、日本で就労可能な在留資格を有するもの
  4. 満18歳以上で、高等学校卒業以上の者、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者、またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者であること
  5. 次の1~4のうち、1つ以上の項目に該当するもの
  1. 1年以上のパーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験がある
  2. 1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務経験がある
  3. 体育系または、医療系の大学・専門学校を卒業している
  4. NESTAの認定する養成講座、養成コース(認定校・認定アカデミー含む)を受講済みである

取得方法

取得方法は以下の3つになります。

  1. ダイレクトコース:直接認定試験を受講する
  2. ゼミコース:講座を受け、認定試験を受験する
  3. WEBコース:通信教育講座を受け、認定試験を受験する
こたつ
こたつ

①ダイレクトコースは、「現場経験が長く、知識やスキルに自信がある人」向け、②ゼミコースはしっかりと知識をつけたい人向け、③WEBコースはゼミコースが受けられない人向けのコースになります。

かかる費用

ダイレクトコース:72,500円(税込み)

ゼミコース(4日間のロングコース):168,500円(税込み)

ゼミコース(2日間のショートコース):120,500円(税込み)

WEBコース:107,500円(税込み)

※費用は教材費、コース受講料、事前講習受講料、認定試験受験料、受験・資格登録手数料を含みます。

試験の流れ

試験は2日間で行われます。

1日目に8時間の事前講習
2日目に2時間の認定試験
が行われます。

認定試験は四肢択一式 で125問中100問(80%)の正答率で合格となります。

NESTA-PFTを取得する際の難易度は?

NESTA-PFTの合格率は50%~60%となっています。

確実に合格したい、という方はスクールに通うことをおすすめします。

独学でも取得可能?

独学でもNESTA-PFTの資格を取得することは可能です。

その際、問題集を購入して勉強することをおすすめします。

実践的なスキルが身につけたい方はスクールがおすすめ

実務経験があまりない方や、試験だけでなくもっと実践的なスキルが身につけたい方、短期間で資格を取得したいと考えている方は認定のスクールに通うことをおすすめします。

通常、専門学校に通うとなると300万円(2~3年間)程度の資金が必要ですが、ASPプロトレーナースクールであれば60万円(2か月)~で講習が受けられるので、かなり費用を抑えて短期間で実践的なスキルを学ぶことができます。

ASPプロトレーナースクール
\資格取得率100%!選べる資格取得サポート! /

【ASPプロトレーナースクール】公式ホームページ

まとめ(NESTA-PFTとはどんな資格なのか)

以下まとめになります。

  • NESTA-PFTは国際的にも認知度の高いパーソナルトレーナーの資格
  • 資格を取得するにはダイレクトコース、ゼミコース、WEBコースがある
  • 費用は約7万円強から
  • 自信がない人や、実践的なスキルを身に着けたい人はスクールに通うのがおすすめ

NESTA-PFTを取得しようと考えている方に少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

資格取得
こたつをフォローする
こたつ

アスリートに対して、引退後の道しるべになる考え方をお届けします。Fラン大卒 →プロスポーツ選手 →リクルートへ入社後、社員2000名超の中から営業日本一を複数回受賞。国家資格キャリアコンサルタント保持。元プロスポーツ選手として、現役中や引退後に考えておけばよかったことを発信していきます。

こたつをフォローする
アスリートの道しるべ

コメント

タイトルとURLをコピーしました