スポーツ選手が引退後に転職サイトで仕事を探す場合の注意点とは?

仕事探し
  • 初めての転職でなにから始めればいいかわからない
  • 転職サイトは見たことがあるけどいまいち使い方を理解していない
  • 転職サイトがたくさんあるのでどんなサイトを選んだらいいのかわからない

こんにちは。
プロスポーツ選手を引退後、リクルートで働いている”こたつ”@kotatsu_recruit)と申します。

初めて転職サイトを使う際に、「いろいろな機能がありそうだけど正しくその機能を使いこなせていない」という人も多いです。

そこで今回は、「転職はサイトで仕事探しをしようと思ったけどあまり慣れていない」という人に向けて転職サイトのメリット、デメリットを整理しながらどんな人が転職サイトでの仕事探しに向いているか、を説明していきます。

この記事を読めば、転職サイトで仕事探しする際の注意点やどんな人が転職サイトを利用するのに向いているかなどがわかります。

結論として、転職サイトを利用するのに適した人は情報収集目的の人や自分のペースで仕事探しをしたい人に向いています。

ではその理由を説明していきます。

そもそも転職サイトとは?

転職サイトのサービスとは、企業が広告費を払って掲載しているている転職サイトに、休職者が自分で訪問し、自分で転職先を選んで応募できるサービスです。

求人検索機能やスカウト機能、適職診断などのコンテンツがある転職サイトもあります。

転職サイトで仕事探しをする際のメリットとは?

転職サイトで仕事探しをする場合のメリット以下になります。

  • 無料で利用できる
  • 自分のペースで転職活動ができる
  • 採用に積極的な企業が多い
こたつ
こたつ

質のいい求人にマイペースで応募できるのがいいね!

では、それぞれを説明していきます。

無料で利用できる

休職者は無料で転職サイトを使えます。

会員登録が必要な転職サイトも多いですが、会員登録することで受けられるサービスも多いのが魅力的です。

自分のペースで転職活動ができる

自分の好きな時に求人を検索できて、好きな時に応募が出来ます。

最初に会員登録さえしてしまえば気楽に転職活動ができるのも魅力的です。

採用に積極的な企業が多い

休職者は無料で使えますが、求人を掲載している企業は広告費を払っています。

基本的には上位ページに行けば行くほど掲載費用も上がっていきます。

ですので企業も無料で掲載できるハローワークとは違い、積極的に人を採用しようとしている企業が多いです。

転職サイトで仕事探しをする際のデメリットとは?

転職サイトで仕事探しをする場合のデメリット以下になります。

  • 転職サポートが受けられない
  • 自分の市場価値や適職を理解しづらい
  • 非公開求人に応募できない
こたつ
こたつ

全て自分でやらなきゃいけないのか…。

転職サポートが受けられない

自分で気楽に転職渇できる反面、書類添削や面接サポートは受けられません。

また、応募や面接日程の調整などはすべて自分で行わなければなりません。

自分の市場価値や適職を理解しづらい

適職診断などネットでできるものはありますが、カウンセラーが付いてくれるわけではないので大枠の適職しかわかりません。

自分はどんな仕事が向いているか。また、どんな仕事になら転職できそうか、を自分で判断しなければいけません。

非公開求人に応募できない

新規事業の立ち上げメンバー募集や、重要なポジションの募集など、公には公表せず採用活動をしたいと考えている企業や職種もあります。

そんな非公開求人の数は10万件以上になります。

それだけの求人に応募する機会損失をしてしまうのはデメリットになるでしょう。

転職サイトで仕事探しをする際の注意点とは?

では、転職サイトで仕事探しをする場合の注意点は何があるでしょうか。

  • 自分でも情報を集める必要がある
  • 自分で適職を見極める必要がある
  • ずっと掲載している企業には注意が必要
こたつ
こたつ

自分を理解し、企業も理解する努力が必要だね!

自分で情報を集める必要がある

求人サイトの情報も、文章や写真、動画に限りがあります。

ですので口コミやホームページ、SNSなどを利用して自分でもどんな企業かを調べる必要があります。

自分で適職などを見極める必要がある

カウンセラーが付いてくれるわけではないので、自分の適職や企業選定、希望条件の絞り込みなどを自分で行う必要があります。

ですので自己分析や企業研究が必要になってきます。

ずっと掲載しているところには注意が必要

現在は長期で掲載する企業が増えてきていますが、それでも半年や1年以上も掲載しているような企業は注意が必要です。

ずっと掲載している=定着しない=職場環境が悪い?かもしれません。

また、新着求人は人気なので日々のチェックも必要になってきます。

転職サイトで仕事探しをするのが向いているとは?

以上の注意点を踏まえて、転職サイトでの仕事探しに向いている人は以下のような人になります。

  • 口コミやSNSなどを普段から利用し、自分で企業を調べられる人
  • 書類作成から面接対応、自分の適性を理解している人
  • まだそこまで焦っておらず、自分のペースで気楽に転職活動していきたい人

では、上記に当てはまらない人はどのように転職活動をすればいいのでしょうか。

おすすめの転職方法は?

僕のような、20代のほとんどを夢に費やしてきた人にとっては、自分一人であれこれ調べるのはすごく困難です。

そんな人は転職エージェントで相談することをおすすめします。

転職エージェントでは、求職者の利用は無料かつ専任の担当者が付いて転職サポートも受けられます。

いきなり転職相談は…という人は、キャリアコンサルタントに相談するのも一つの方法です。

キャリアコンサルタントは仕事の紹介をするわけではないので、まずは相談だけでも…という人に向いています。

自分の強みを理解したうえで転職エージェントを活用する、という方法もいいと思います。

詳しくはアスリートにおすすめの転職エージェントは?スポーツ業界に強い転職エージェント3選の記事で説明していますので参考にしてみてください。

まとめ

こたつ
こたつ

転職サイトはマイペースに仕事探ししたい人に向いているね!

転職サイトは自分の好きな時に仕事探しができる反面、自分以外の人のサポートがないため初心者には難しい面もあります。

転職サイトを利用する際には、自分の適性ややりたい仕事などを知ってから利用することで効率よく仕事探しができます。

また、このブログでは、僕自身の経験や後輩アスリートから受ける悩みを解決するような内容を書いていきます。

引退後のアスリートの仕事探しの方法は、元プロスポーツ選手が教える【引退後のアスリート】が知っておいたほうがいい【仕事探しの方法】にまとめてありますので、参考にしてみてください。

仕事探し
こたつをフォローする
こたつ

アスリートに対して、引退後の道しるべになる考え方をお届けします。Fラン大卒 →プロスポーツ選手 →リクルートへ入社後、社員2000名超の中から営業日本一を複数回受賞。国家資格キャリアコンサルタント保持。元プロスポーツ選手として、現役中や引退後に考えておけばよかったことを発信していきます。

こたつをフォローする
アスリートの道しるべ

コメント

タイトルとURLをコピーしました